オススメでかつ人気の原付や選び方とは?通勤・通学で便利!

こんばんは、かわばっちゃんです!

日常の移動手段として使い勝手がとても良い原付バイク。

原付は「値段・維持費が安い」「普通自動車免許でも乗れる手軽さ」が何よりの魅力ではないでしょうか。

HONDA・SUZUKI・YAMAHAなどのメーカーからたくさんのモデルが発売されていますが、デザインも機能も色々あります。

なので、どれを選んでいいか迷ってしまう方が多いのではないでしょうか。

この記事ではオススメの原付や選び方について紹介したいと思います。

原付バイクの維持費はいくらぐらい?

必要な維持費は主に

「税金」

「自賠責保険」

「ガソリン代」

「メンテナンス代」

「任意保険」

この5つになります。

税金は年間2,000円(91〜125ccの場合は2,400円)

自賠責保険は例えば12ヶ月契約で7,060円ガソリン代は変動費になるので、

定かではないですがバイクの中でも段違いに安いです。

メンテナンスは実施期間が定められているわけではないですが、だいたい年間1~2万円程度。

任意保険に加入することもできますが、すでに自動車を所有していて任意保険に加入している方であれば月に1,000円〜の金額で対人・対物・搭乗者に有効なファミリーバイク特約というものもあります。

新規契約の場合は6,000円くらいで搭乗者保障を含む場合は3,000円くらいです。

なので、ガソリン代を除けば年間2万円ほどで原付バイクに乗ることはできることになります。

原付の値段はいくらぐらいが相場?

原付バイクは50cc以下のバイクを指しますが、

正式名称に「原動機付自転車」と記載されているように、分類はあくまで自転車と定められています。

気になる原付バイクの平均相場は、車種によっても異なります。

しかし、新車でも十数万円~が多いです。

一方、中古の場合は数万円~高くても十数万円ほどが相場になっています。

より安く購入したい場合は中古で検討するのもいいかもしれません。

原付バイクの選び方

積載機能がどうなのか

「荷物が積めるかどうか」はしっかりチェックしておきましょう!

特に「買い物」や「通勤・通学」などで使用する方にとって、積載機能はとても重要なポイントです。

ヘルメットや買い物袋などといったバッグに入らないものを収納できるととても利便ですよ!

スクーターの場合はシート下にヘルメットが収納できるサイズのトランクがついているものがほとんどです。

中にはA4サイズが収まる大きさがあるバイクもあります。

スクーター以外でも、荷物を括り付けられる「リアキャリア」「荷物掛け用のフック」小物が入れられる「インナーラック」などを装備しているモデルも多くあります。

自分の使い方に合ったものを選日びましょう!

防犯やスマホ充電など、便利な機能が付いているかどうか

走りながらスマホの充電が可能な「充電ソケット」が最近の原付バイクに付いている物が多いです。

出先でスマホの電池がなくなりそうな時にも、安心ですね!

また、防犯面が気になる方はキーシリンダーにシャッターが付いているかを確認してみてください。

バイクから離れているときはシャッターが閉まっているので

「鍵穴へのいたずら」や「盗難のリスク」を防止してくれます。

色々な機能がついた車種はその分値段が上がりますが、

欲しい機能や譲れない機能がある方は確認しましょう!

オススメの原付バイク

YAMAHA|ビーノ

丸みを帯びた車体が可愛らしい「ビーノ」

レトロでかつポップなスタイルで発売当初から支持されているバイクです。

そしてかわいい見た目からは想像できないほどエンジンがパワフルで坂道も楽々登れて、快適な走りをしてくれます。

また、信号待ちでエンジンが止まるアイドリングストップや前輪・後輪にバランスよく働きかけるブレーキなど、走り心地もとても良いです。

フロントには500mlのペットボトルが入るインナーボックスがあるほかに0.5㎏まで掛けられる折りたたみ式の大型フックも装備されています。

また、スマホの充電ができるアクセサリーソケットもあり、快適なバイクライフを楽しむことができます。

乗っていてワクワクするようなかわいい原付が欲しい方にオススメです!

⬇︎所有者の口コミ⬇︎

人生2度目の50cc
☆満足している点☆

一台目のDioさんよりMAXスピードが上でした。
ルックスが良い。
意外と物が乗せられる。
ハンドル周りにスマホホルダー等が普通に付けられる。
4stだからなのか振動が感じられない。

☆不満な点☆

思いつかない・・・・。
あ、コンビニフックの位置が低いことかな?
大きいコンビニ袋だと下にくっついてぶら下げられないから
取っ手がフックから外れてしまう。

ん〜、それくらいかな・・・。

引用元:https://www.bikebros.co.jp/catalog/2/147_1/community/

ドノーマルで譲って貰ったビーノをオシャレに!
社外の部品があまりないのが寂しいかな。
ウエイトローラーとエンジンオイルを変えるだけで劇的に速くなります。

引用元:https://minkara.carview.co.jp/car/yamaha/vino/review/detail.aspx?cid=315258

HONDA|ジョルノ

ジョルノの初期型は1991年に発売され、現在3代目のモデルになります。

初代から受け継がれる丸みを帯びたデザインは個性的ながら上品なスタイルで女性からの人気がとても高いです。

トランクは22Lと大容量もあり、搭載している49cc 水冷4ストロークOHC単気筒はパワーもあり環境にも優しい頼りがいのあるスクーターです。

⬇︎所有者の口コミ⬇︎

最新の原付はすごい!
外観は安っぽさが無く メッキパーツとメタリックカラーが相まってピッカピカです

Keyを挿せばウエルカムメーターがお出迎えしてくれます 液晶の時計表示は有難いです
エンジン始動とアイドリングストップの始動は どのような仕組みになっているのか分かりませんが無音で一瞬にしてエンジンがかかります

エンジンパワーは文句無しです 坂道もグイグイ登ります いざとなればフルスロットルで 70㌔は出ると思います
エンジン音は静かですね。

乗り心地は 大きめの段差は避けた方が良いでしょうガツンときます。

燃費は満タンで250は走るので 1リッター/50㌔は走ります

昔の2スト原付 以来の購入ですが最新の原付は先進的で驚きました
4ストなのにパワーも凄い、ここまで原付が進化していたとはビックリです

不満点は乗り心地をもう少し改善して欲しいのと サイドミラーが小さく見辛いところくらいですかね

ですが、その他のポテンシャルは非常に高く総じて楽しめますので 大満足の1台です。

引用元:https://review.kakaku.com/review/K0000105808/
普段使いの足として
☆長所☆

初心者の人でもいじりやすいところ、要点覚えれば自転車感覚で扱えると思います。
あと2ストなので加速が良い。

☆短所☆

やはり2ストなので燃費が悪いところ、出足や加速がいいのでアクセルを一度回せばリッター17から19キロ

引用元:https://moto.webike.net/bike-review/HONDA/0_50/Giorno/

SUZUKI|レッツ

軽い車体が特徴的なスズキのレッツ

燃料を含めた総重量が70㎏の軽々ボディが魅力と言えます。

またシート高が69.5cmと低めの作りになっているのもうれしいポイントです。

乗り降りがしやすく姿勢も安定しやすいので、女性でも扱いやすくてオススメです。

さらに、車体には傷がついても目立ちにくい材料着色を採用しています。

また、いざ傷をつけてしまってもその傷の下から同色の素材が現われるため、目立ちにくいのは嬉しいですよね。

⬇︎所有者の口コミ⬇︎

PCXからの乗り換え
何よりPCXより車体が軽く気軽に乗れる。スズキのバイクは初だったのですが、コスパ良しで満足しています。一応日本製でこの価格は頑張ってると思います。

引用元:https://review.kakaku.com/review/K0000109457/

軽くてエンジン音も静か!
☆長所☆

軽い!スマートDio76kg→レッツ468kg
スタンドに体重を軽く乗せるだけで立てられる。
実燃費にも有利である事は間違いない。
最低限の装備がきちんとある。プッシュキャンセルウィンカー
グリップ付きリアキャリア、メットインスペース。
コーナーリングはレッツの方が優秀。
スマートDioはどうも切れ込む(倒れ込む)クセがあった。
個体差かもしれないが、新車時からそうだった。
レッツ4は軽快に自然なコーナーリングが出来る。
安心感さえ感じる。
エンジンは静かです。水冷のホンダと比べても遜色ない。
早朝、深夜でも近所に迷惑をかけない。
走る、曲がる、止まるが価格以上(本体10万以下)に高いクオリティでまとめられています。
余計な装備が要らない、実用的でほんとに足が欲しい、って方にはおすすめです。

☆短所☆

フロントサスが貧弱で…と言う話を良く聞くが全く問題ない。
前後のバランスは良く、原付が安全に走られる速度なら快適です。
気になるのはハンドルがごく低速域(5~10km/h)軽いかな。
慣れるまでふらつくかもしれません。走り出せば問題ないですが。

エアフィルターが湿式。
確かに紙カートリッジよりは性能良いですが、
洗油(灯油などで浸け洗い)→乾燥→オイルを湿らす
って言うメンテナンスは一般ユーザーには少し荷が重いかも。
あんまり替えない人もいるけど、ギアオイルはキック外してカバー外さないと出来ない。これは少々めんどくさい。
その他ライトバルブは前後合わせてネジ3つ、バッテリーは足下プラスネジ2つ、プラグは足下左後方プラスネジ1つ、オイルドレンは14mmで真下と楽な方ですね。

イマイチではなく気になる点。
バイク屋では「バルブ噛み」が当たり前の様に話に出てくる。
主に暖気の不足、短距離の走行の連続、オイル交換のサボりから
カーボン(炭)が燃えきらずバルブに隙間を作ってエンジンがかからなくなる症状で各メーカーいろいろ対策がしている様だが決定的なものはないらしい。
対策としては上記の逆をすれば良い。あとカーボン除去効果のある添加剤の定期的な使用も良いと聞いた。ちなみに昨日まで動いていたが今朝になって動かない(かからない)と言うのはバルブ噛みの特徴らしく、キックでかけてみて異様にキックが軽ければこの症状の可能性が高いと言う事です。
50cc全般に最近修理で入ってくる事が多いとの事。

引用元:https://moto.webike.net/bike-review/SUZUKI/0_50/LETS4/?sort_type=4

HONDA|ダンク

こちらは充電ソケット・アイドリングストップ機能といった主要装備が充実したスクーターです。

インナーボックスには500mlの紙パックが入るゆとりがあります。

またシートが後方に長く、トランクの収納スペースもたっぷりあり、買い物にも便利です。

A4サイズのファイルも入る23リットルの収納スペースがあります。

そしてゆったりとしたシートは座り心地のよさも実現!

背負っているリュックもシートに乗るため、リラックスして運転姿勢を保つことができます。

⬇︎所有者の口コミ⬇︎

たいへん良くできたバイクです!
原付としては最高です。次にまた原付に乗るならDunkを選ぶと思います。家族のDio50とは一世代以上の差を感じます。
でも、もうSuzukiのアドレスV125Sに乗り換えてしまいました。ごめんなさい、50ccには戻れません。なので「Dunk110」もしくは「Dunk125」を出してください。
収納のリード、走行性能のPCXのように特徴に振るのもよいと思いますが、50ccスクーターから乗り換えのための「お洒落でコンパクトな普通のスクーター」をお願いします。

引用元:https://review.kakaku.com/review/K0000618515/

キビキビと!
☆満足している点☆

チョイ乗りはもちろんちょっとしたツーリングもこなせるし、キビキビと思いのままに動いてくれるので大満足です❣️

☆不満な点☆

純正のリヤサスペンションはちょっとしたギャップでも突き上げが酷く、決して乗り心地が良いとは言えません😅💦
改善の必要がありかと思います。
サスペンション、要カスタマイズでは少し残念です。

引用元:https://minkara.carview.co.jp/car/honda/dunk/review/detail.aspx?cid=305994

SUZUKI|アドレスV50

こちらのバイクはお手頃価格と低燃費ながらスポーティーで力強い走りを特徴的な原付バイクになります。

万人受けするデザインと充実の装備を備えており、通勤通学には需要が高い1台ではないでしょうか。

⬇︎所有者の口コミ⬇︎

片道200キロ山岳コース
子供が自転車で4県越え。福岡大分熊本宮崎だ。
北九州若松より宮崎県ループ橋までを旅した。
同時に親の私はアドレスv50の2018モデルを購入。
1週間後の2018-3-11から2台で出発!18時間後に着いて私はアドレスで1人7時間掛けて帰ったが、400キロ走行してもお尻は痛くなく疲れもなかった。
燃費もよかった。かなり強いスクーターだ。

引用元:https://review.kakaku.com/review/76103010784/

取り回しがいい!
☆長所☆

レッツ2に比べると燃費は良い、だいたい53km/Lは走り、FIと言う事もあり始動性も良く走行も安定している。
空冷で車体が軽いので取り回しが良い。

☆短所☆

平地では良いが非力なので坂は弱い、レッツ2で40kmで上がる坂が30~35kmでしか上がらない、これは仕方がないとあきらめている。

引用元:https://moto.webike.net/bike-review/SUZUKI/0_50/ADDRESS_V50/

YAHAMAH|ジョグ

スマートなデザインが目を引くスクーターの「ジョグ」

ムダのない走りやすそうなフォルムは躍動感があります。

メーカー独自のエンジンを搭載し実際の走りもスムーズで快適です。

登り坂もなんなく加速するパワーがありますよ。

求めやすい価格で軽快な走りが実感できるコスパ最強のバイクではないでしょうか。

⬇︎所有者の口コミ⬇︎

お買い得ですね!
今年の春から私も女子大学生になり、免許を取りました♪
都内のマンションに引っ越すので、車の購入は難しいので原付バイクを購入することに決めました。
色々何の原付にするか迷いましたけど、私の一目惚れでジョグを今日購入しました。
音は凄く静かですねっ♪
初めての原付ですけど私的に満足しています。
バイクショップの店員さんの説明では、4ストの原付は余りスピードが出ないと言われましたけど、私は安全運転しようと思い満足してます。

引用元:https://review.kakaku.com/review/76103210044/

シート下のトランクへ荷物が沢山入り燃費も優れています!
☆長所☆
セルモーター始動音の静寂性には、静かすぎて驚かされました。本当に静かです!燃費性能も期待とおり低燃費ですよ!素直なハンドリングは好感が持てます。

☆短所☆

原付だけど、もう少し乗り心地が良いといい!タイヤは、ロングライフなため、グリップしません!雨の日は、滑ります!制動力はディスクブレーキでは無いので良くありません!

引用元:https://moto.webike.net/bike-review/YAMAHA/0_50/JOG/

まとめ

今回、おすすめの原付バイク・選び方などについて紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。

ぜひ、あなたの生活を便利にしてくれる原付バイクが見つけてみてください!

少しでも役に立ってくれれば幸いです!

今回のご感想やご質問などしていただけると改善や励みになります!

コメントお待ちしております!

    にほんブログ村 バイクブログへ
    にほんブログ村

    今回の記事はいかがでしたか?

    バイクは自分の居場所や世界を見つけることができる乗り物です!

    ですが、自分の居場所や世界を見つけるのにも免許取得がまず必要になります!

    他にも色んな楽しさがたくさんあります!

    「自分の居場所や世界を見つけることができる」バイクについて毎日発信しています!

    一緒に楽しいバイクライフを過ごしませんか?

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事