【これでわかる!】システムヘルメットはフルフェイスとジェットのいいとこ取り!ただ重い!

こんばんは!
かわばっちゃんです!

皆さんは安全性汎用性どっちを取りますか?

安全性を取るならフルフェイスですし、汎用性を取るならジェットがオススメです!

ですが、システムヘルメットはその両方を兼ね備わっています。

また、車種やライディングスタイルを選ばないので、注目が集まっています。

この記事ではそんなシステムヘルメットについて紹介していきます。

フルフェイスとジェットのいいとこ取り!

システムヘルメットはいいとこ取り

フルフェイスとジェットのいいとこ取りと聞いてなんぞや?と思いませんか?

いいとこ取りと言われている理由がチンガード(顎の部分)が可動するからです。

チンガードを開ければ、ジェットヘルメットを装着したときのような解放感があります。

また、ジェットヘルメットと同様に水分補給やメガネをかけれる利便性もあります。

一方でチンガードを閉じれば、フルフェイスヘルメットを装着したときのような安全度が確保されます。

適切な場面で使い分けができるので、フルフェイスとジェットのいいとこ取りと言われています。

他にもシステムヘルメットには、大きく以下の2種類あります。

それは

・ダブルバイザー
・アウトバイザー

この2種類です。

 

「ダブルバイザー」はトンネル出てからの逆光など眩しい時に役立つインナーバイザーとシールドの2種類が搭載されています。

ツーリングなどアクティブに動く方に向いています。

 

「アウトバイザー」はチンガードのダクトが大きく作られているタイプです。

フルフェイス人間の最も大事な部分である「頭」を守るのに特化しています。

なので、悪路を走行する方に最適です!

ただ、ヘルメットの中でも結構重い!

システムヘルメットは重いいいとこ取りだったら便利でいいじゃん!と思われがちです。

ですが、デメリットとしてヘルメットの中でも結構重めになっています。

重量が重いと「疲労が溜まりやすい」です。

長距離になればなるほど重さによって無意識に疲労が蓄積されやすくなります。

また、色んな機能がついている分、全体的に大きめになっています。

女性など小柄な人がつけると頭でっかちに見えやすいです。

なので、見た目を気にする人は不向きです。

他にもこんな機能が搭載されている物もある!

システムヘルメットの機能性Bluetooth内蔵やインカム内蔵のものも出てきています。

1人ではなく複数人で会話しながらツーリングできる画期的な機能もあります。

本来ならヘルメットとは別に購入する物が最初から付いているので、お得ですよね!

また、最初から耐風性や遮光性に長けた製品もあります。

OGKカブトのRYUKI リューキという種類がオススメです。

こちらは3万円と比較的安く、比較的安めなのにBluetooth内臓やUVカット効果があり機能も充実しています!

まとめ

システムヘルメット

今回、システムヘルメットについて紹介しましたが、いかがでしたか?

最初にも書きましたが、システムヘルメットは安全性と機能性のいいとこ取りをしたヘルメットです。

ただ、数えきれないほどの種類があり、それぞれ特徴があります。

ですので、選ぶ際は備わっている機能をチェックしてライディングスタイルに適した製品を選ぶことをオススメします!

一部のライダーからは

「システムヘルメットは、装備がごちゃごちゃしすぎていてダサい」という意見もあります。

一方で「機能的かつスタイリッシュでかっこいい」という意見もあります。

ダサい?と思った方はそうでもないので、気になった方は一度試着してみてください!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

今回のご感想やご質問などしていただけると改善や励みになります!

コメントお待ちしております!

    にほんブログ村 バイクブログへ
    にほんブログ村

    今回の記事はいかがでしたか?

    バイクは自分の居場所や世界を見つけることができる乗り物です!

    ですが、自分の居場所や世界を見つけるのにも免許取得がまず必要になります!

    他にも色んな楽しさがたくさんあります!

    「自分の居場所や世界を見つけることができる」バイクについて毎日発信しています!

    一緒に楽しいバイクライフを過ごしませんか?

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事