【バイクウェア】バイクウェアを着るのは面倒?ダサい?

こんばんは!
かわばっちゃんです!

ツーリングや街乗りする際は普通の服で乗ってしまいますよねー

その気持ちは分かりますが普通の服だと危険でしかありません!

バイクウェアは安全性や利便性はもちろん、快適性なども備わっています!

普通の服とは全く異なる機能性たくさん盛り込まれています

この記事ではそんなバイクウェアの必要性について紹介していきます!

バイクの事故率は車より高い!

バイクは事故率が高い「バイクは事故に遭いやすい」というのは知っていますよね?

ですが、どのくらい遭いやすいか知っていますか?

実際にバイク事故発生率を警視庁が発表している事故発生状況などを見ると…

バイクは自動車に比べて1.7倍も事故リスクがあります。

そして、事故による死者数は自動車の約7倍

重症者数に限っては約10倍もあります。

 

ここまででもバイクは自動車と比べて、万が一の衝撃や転倒によって受けるダメージが大きいのがわかると思います。

ですが、それでも気をつけて乗るだけでも大きく変わります。

なので、運転時さえ気をつければと思います。

バイク事故で負傷する箇所は胴体

バイクは負傷しやすいバイクウェアはどこまで必要だと思いますか?

要らないと思っている人はいないですよね?

その多さは警視庁が公表しているデータでも証明されています。

それを見ていくと「実際に着用する人の割合は少ない」という結果となっています。

どのくらい少ないのかというと「令和2年では約11人に1人しかプロテクターを着用していない」という少なさです。

そういう状況の中でバイク事故で負傷しやすい箇所は一位は頭ですが次に胸部、その次に腹部です。

胸部と腹部を合計すると頭の割合を超えます

バイクに特化している!

バイクに特化したジャケットみなさんは事故が起きる原因はなんだと思いますか?

それは自身や相手の注意不足ですか?

それとも運転技術の問題ですか?

それらも当てはまりますが、他にもあります。

 

それは操作の鈍化にあります。

季節や環境によって寒さや暑さなど気温は変わってきますが、高速道路を走るとなると結構な風圧を受けます。

暑い時は涼しいですが、着用している時とない時では疲れ具合が大きく変わります。

疲労が溜まると注意不足で事故る可能性がグンっと上がります

 

特に注意すべきなのが寒い時です。

多くの人が日常のジャケットで代用している人がいます。

普段のジャケットを着て高速で走ると防寒用でもチャックなどの隙間から風が入ってきます

なので、体が冷えてしまい操作性の鈍化につながります

 

対策が甘い状況で何度か寒い時期に関東〜関西区間を走ったことがあります。

クラッチを握るのにも一苦労でしたw

もうよっこらせと言わんばかりに勢いつけないと握れませんでした。

最終的にはめちゃくちゃ寒くて帰ってきた時には指先が紫になっていて感覚がありませんでした…

帰って速攻、風呂に入ったのはいい思い出ですw

まだ乗ったことがない人や高速デビューしていない人は分からなくて当然ですが、バイクは意外とかなり過酷な環境下で走ります。

それでも乗ると楽しいのでそんなのどおってことないですけどねw

過酷な環境や事故から体を守るためにバイクウェアは必要になってきます!

まとめ

バイクウェアの必要性今回、バイクウェアの必要性について紹介しましたが、いかがでしたか?

 

昔、コンビニで知り合ったおじさんライダーが

「友達がジャケット着てたからよかったけど事故に遭った際に脊髄のプロテクターがめっちゃ削れてた」

と言っていました。

当然ながら事故は突然遭ってしまします。

その際に着ていなかったら今後バイクに乗れる可能性もあります。

なので、バイクウェアは必要不可欠です。

「備え合って憂いなし」です!

しっかりバイクウェアを着用して楽しいバイクライフを過ごしましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

今回のご感想やご質問などしていただけると改善や励みになります!

コメントお待ちしております!

    にほんブログ村 バイクブログへ
    にほんブログ村

    今回の記事はいかがでしたか?

    バイクは自分の居場所や世界を見つけることができる乗り物です!

    ですが、自分の居場所や世界を見つけるのにも免許取得がまず必要になります!

    他にも色んな楽しさがたくさんあります!

    「自分の居場所や世界を見つけることができる」バイクについて毎日発信しています!

    一緒に楽しいバイクライフを過ごしませんか?

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事