ツーリングに行く前の計画や装備、服装の注意点とは?
ヤフー

こんばんは、KawaBachan(かわばっちゃん)です!

バイク初心者がツーリングに出かける際は「どのような準備をする必要があるのか?」で悩んでいる方がおおいのではないでしょうか?

特に、自分の周りに経験豊富なベテランライダーなどがいない方はツーリングに向けた計画や準備をするうえで不安要素もたくさんあるかと思います。

この記事ではツーリングに行く際の服装や計画時の注意点などについて紹介します。

ツーリングの距離

ロングツーリング

いわゆる長距離ツーリングのことをします。

ロングツーリングはだいたい300km以上や2泊以上ほどで人によって違ってきます。

長距離ツーリングになると体力が必要となるので、基本的には近距離ツーリングで運転に慣れてから挑戦するのがオススメ!

ショートツーリング(プチツーリング)

ショートツーリングは大体1日以内、100km未満を指すことが多い傾向があります

本格的な旅行というよりは、近場の山道などを3時間ほど走って帰ってくるような感じになります。

初心者の練習用としても行なわれることが多い距離と言えます。

弾丸ツーリング

日帰り~1泊程度で戻ってくるところはプチツーリングと同様だと思います。

しかし、弾丸ツーリングの場合は、少ない日程のなかでロングツーリングと同じくらいの長距離を走行することが多いと思います。

ツーリングに行く人数

ソロツーリング

ひとりで出かけるツーリングのことを指します。

日程やペース、食べ物なども自分で決められるため、自由度がとても高いです。

ただし、なんらかのトラブルへの対処も自分で行なう必要があるので、ツーリング初心者の場合は準備が必要になります。

マスツーリング

複数人で行くツーリングのことを指します。

インカムを装着していれば、友人とおしゃべりをしながらツーリングを楽しむことができます。

最近では、SNSやコミュニティの仲間とオフ会を兼ねたマスツーリングもたくさん開催されているので、参加してみてはいかがでしょうか?

タンデムツーリング

タンデムツーリングとは1台のバイクに2人で乗車し、ツーリングすることを指します。

バイクを操縦する人を「ライダー」、後ろに乗る人を「パッセンジャー」と呼びます。

2人で乗車しやすいビッグスクーターなどが増えてきたので、タンデムツーリングを楽しむ夫婦やカップルが増えています。

ツーリングの目的

キャンプツーリング

キャンプツーリングはバイクにキャンプ道具を積んで出かけるツーリングのことを指します。

最初にテントなどをそろえてしまえば、遠方でも宿泊費などがほとんどかからない経済的なのが最大の魅力です。

また、出発・到着時間にとらわれず自由に行動できるところも人気が高い理由と言えます。

絶景を見にツーリング

ベーシックなツーリングは絶景やグルメを求めてバイクに乗るツーリングではないでしょうか?

テントを積んで「キャンプ」と「絶景ツーリング」を行なえば、宿泊施設を利用するよりも効率的に早朝の美しい景色を楽しむことができます。

また、行楽地が混雑する観光シーズンは、バイクに乗って絶景ツーリングをした方が、渋滞に巻き込まれることも少なくメリットがたくさんあります。

ツーリングに出かける前に準備すべきこと

計画を立てる

ツーリングに行くときには、最初に「目的地やルート」「時間配分」などの計画を立てるのが理想的だと思います。

ある程度のツーリング経験がある上級者や、何度か行った場所に向かう場合は、無計画な行きあたりばったりで行くのもアリです!

ですが、「初めて行くところ」や「長距離ツーリング」「マスツーリング」になると計画を立てることをオススメします。

アイテム、装備の準備をする

日帰りツーリングの荷物はキャンプツーリングと比べてかなり少なくて済みます。

しかし、初めてのツーリングの際はアイテムだけでなく服装なども揃える必要があります。

ツーリングを快適かつ楽しむためにも、事前に必要なものをリストアップしたうえで買い物をするのが理想だと言えます。

アイテムの点検や積載できるかどうかの確認

購入したアイテムを必要なシーンで適切に使うには落ち着いて作業できる場所で出発前の点検などをしておきましょう!

また、最初にたくさんのアイテムを購入した際は、それらを安全にバイクに積めるかどうかの確認も必要になります。

車体に屋根のないバイクの場合、雨天や強風時にも積載作業を進められる段取りをするとより良いです!

他にも「どのルートでいくのか」「目的地には何時につくようにするのか」など色々用意することはあります。

ツーリングに行く際の服装選び

ツーリングに行く際の服装は色んなアイテムに気をつける必要があります。

インナー

・グローブ

・ライディングジャケット

・ランディングパンツetc…

そしてアイテム購入で重視すべき順番は、以下のとおりになります。

安全性 > 機能性 > ファッション性

また、特に何にきをつけるべきかについて紹介します。

肌を露出しない

バイクに乗るときの服装は長袖長ズボンが必須になります!

衣類によって腕や足が覆われていると、直射日光による日焼けや転倒時の傷なども防ぐことができます。

また、高速で走行するツーリングでは走行風で体温が奪われることがあるので、注意しましょう!

体温があまりに下がった場合、疲労や著しい体力低下が起こりやすくなります。

このような症状は事故などのトラブル原因になることもあります。

なので、ツーリングに出かけるときには、風や太陽などから必ず手足を守る服装にしましょう!

季節別に合ったジャケットについても紹介しているので、参考にしてみてください!

関節を守る

ツーリングをするときには、転倒時の対策として関節を守るプロテクターも必要になります。

※プロテクターは、バイクが転んだときに真っ先に地面につく可能性の高い肘や膝などの関節部分を守るアイテムとなります。

速いスピードで走行する高速道路ではハードタイプ、下道のみの場合はソフトタイプといったように、シーンに応じた使い分けることをオススメします。

上半身には「肩肘にプロテクターの入ったライディングジャケット」

下半身には「膝プロテクター入りのライディングパンツ」といったコーディネートがオススメです。

ほかには、くるぶしの隠れるハイカットのブーツも関節を守るにはいいですよ!

プロテクターの必要性についてもう少し詳しく紹介しているので、チェックしてみてください!

まとめ

今回、ツーリングに行く前の必要な計画や装備、服装について紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

少しでも参考にし、ツーリングに役立ててくれれば幸いです。

他にも持っておくとツーリングが楽しくなる便利なアイテムもあります。

そんなアイテムも紹介しているので、ぜひ参考にしてください!

今回のご感想やご質問などしていただけると改善や励みになります!

コメントお待ちしております!

    にほんブログ村 バイクブログへ
    にほんブログ村

    今回の記事はいかがでしたか?

    バイクは自分の居場所や世界を見つけることができる乗り物です!

    ですが、自分の居場所や世界を見つけるのにも免許取得がまず必要になります!

    他にも色んな楽しさがたくさんあります!

    「自分の居場所や世界を見つけることができる」バイクについて毎日発信しています!

    一緒に楽しいバイクライフを過ごしませんか?

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事