こんばんは、かわばっちゃんです!

バイクには「乗る・感じる・見る」といった3つの楽しさがあります。

僕はそんなバイクの楽しさの共有やその楽しみを広めたくてメルマガを配信しています!

実はそこまでバイクに興味がないまま乗っていました…

なので自分の意志でバイクに乗りたいと思った訳ではありません!

東京に上京し、行動範囲が狭い状態だったので、

親から「行動範囲を広げるためにも乗れば?」と言われ免許を取得!

そこまでバイクに興味がないまま、ただ生活の足として乗り始めました!

他にも通学としても使って、趣味としては全くありませんでした。

乗り続けてバイクに魅力を感じ、どんどんバイクに乗る頻度は増えました。

ただ、よく

危険性は分かったけどバイクは何が楽しいの?

バイクの魅力ってなに?

と言われても「なんで?」と自身もなんで乗っているのか分かりませんでした。

「ただ楽しいから」としか言えませんでした…

ですが、改めて考えてみると何が楽しいのかが少しずつ明確になっていきました!

それが

乗る楽しみ」「感じる楽しみ」「見る楽しみ」

といった3つです!

乗る楽しさについては

非日常感を味わえる」「一人の時間を大切できる」

という楽しみがあります。

自分は乗る楽しさの中でも「一人の時間を大切できる」からというのが大きかったです。

一人の時間を作ることで楽しむことでストレスの緩和できたので、よくバイクに乗っていました。

感じる楽しさについては五感を刺激してくれるという楽しさがあります。

・風邪を切る感覚(触覚)

・山や峠に行った際の森などの自然の匂いなど匂いがあります(臭覚)


・四季折々の景色を見に行ける(視覚)


・インカムで音楽やバイクのマフラー音を聞ける(聴覚)


・ご当地などのグルメを味わえる(味覚)

見る楽しさについてはバイクに乗る乗らない関係なく楽しむことができます。

以下のような芸術的なカスタムバイクを見たり、

ツーリング先で風景と一緒に撮った写真をインスタなどで見るだけでも楽しいと思います。

自分はこの3つの楽しさがあり、「バイク=危険」というイメージが薄くなりました。

他の人はバイクに対してどういう認識なのかアンケートをしてみました。

「憧れ」「生活と趣味の両方で使える」とポジティブな回答がある中で

やはり「バイク=悪いイメージがある」と答えた方もいました。

確かに暴走族やヤンキーなど柄の悪い人が乗っている人もいます。

また、危険性の高い乗り物であるのも事実です。

「四輪車事故に比べると、バイク事故は死亡につながりやすい」

「バイク事故による死亡リスクは四輪車事故の死亡リスクの3倍」とも言われています。

2021年の警視庁のデータでは事故全体の約2割をバイクが占めています。

引用元:https://www.keishicho.metro.tokyo.lg.jp/kotsu/jikoboshi/nirinsha/2rin_jiko.html

なので、危険だというのはあながち間違っていません!

多くの方がこの危険性で乗り気になれなかったり、乗らない方がいいと言われたりするかと思います。

しかし、もう少し深掘りすると事故の原因の多くが「単独」によるものだということです。

単独事故の多くが

「スピードの出し過ぎ」「安全確認の怠り」

などによるものがほとんど…

なので、バイクは事故率は車より高いです!

ですが、安全運転を心がけることで事故率はグンっと下がります!

引用元:https://www.keishicho.metro.tokyo.lg.jp/kotsu/jikoboshi/nirinsha/2rin_jiko.html

バイクの楽しさを共有し、さらにバイク好き同士でバイクの楽しさをより広めていきたいと思っています。

ぜひ無料メルマガに登録をして一緒にバイクを盛り上げませんか?

バイクには興味あるけれど乗ったことがない方や興味がある方など

ちょっとした遊び感覚でぜひ自分に合ったバイクを見つけてみてください!

Q1
この中で何を重視しますか?
プロフィール
userimg
KawaBachan(かわばっちゃん)
はじめまして!KawaBachan(かわばっちゃん)と言います。
大学生から乗り始めて約5年以上!

経歴は大学生時にドラスタ400で大学通学をし、数年後にはCBボルドールで関東〜関西を何度も走行しましたのちに大型免許の必要性を感じ、大型免許を取得!

大型バイクに乗りながら、街乗りやソロツーを楽しんでいるライダーです!

バイクは乗ってみないと感じることができない楽しさがあります。

そんなバイクの楽しさを知ってもらうためにも生活の足として乗り始めた大学生にバイクの楽しさや面白さをなどを発信していければと思います!