オススメのビッグスクーターとは?生活の足からツーリングまでできる!
ヤフー

こんばんは、KawaBachan(かわばっちゃん)です!

MTの操作がなくなるので、運転しやすさはどのバイクよりも優れているスクーター

他にも日常生活の足、収納スペースの広さなどMTにはない魅力がたくさんあります。

この記事ではオススメ&人気のスクーターを排気量別に紹介していきます。

オススメの原付と原付二種についても紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください!

オススメのスクーターはこれ!

大型スクーターの場合

大型スクーターでオススメは以下の通りです。

・TMAX(ヤマハ)
・スカイウェイブ650LX(スズキ)
・X-ADV(ホンダ)
・NM4(ホンダ)
・C650GT (BMW)

TMAX(ヤマハ)

TMAXは「日常生活の足」などといったスクーターの概念を覆したバイクになります。

TMAXのエンジンは音はスポーティなのですが、振動はというとかなり少ないのが特徴的!

人間の股の間にエンジンがある一般的なバイクではなし得ない性能です。

クルコンがあるので足も前方に投げ出せるのでツアラーとしても優秀になりました。

そしてやはりスポーツ性能も従来よりも速く峠を走ることができるのが魅力的です!

欠点としては足つきがあまり良くない感じがします。

スカイウェイブ650LX(スズキ)

スカイウェイブ650LXは速さだけではなくMTシフトやパワーモードは使わず、通常のドライブモードならどっしり構えてゆったりと走ることもできます。

このように使い分けができる二面性がこのバイクの魅力と言えます。

欠点としては車重は300kg級でとても重いので、人によっては取り回しが難しいかと思います。

X-ADV(ホンダ)

X-ADVはNC750のエンジンをベースにしたもので後輪はベルトではなくチェーン駆動になっています。

スクーターなのにしっかりスポークホイールを履いてオフロード走行に備えているのが特徴的!

スクーターというよりも「ATアドベンチャー」というジャンルになるかと思います。

山道でも気にせず走ることができるATはこれだけではなきでしょうか?

NM4(ホンダ)

NM4は操縦席に座るような「コックピットポジション」やミラーの位置などがアキラの金田バイクにていることから人気を博しています。

NW4は「Next Motorcycle For ~」の略でバイクの次の時代を目指したバイクでもあります。

DCTモデルなので大AT限定免許で運転することができます。

NW4はNW4‐01とNW4‐02という2タイプが併売され02はサイドの収納スペースやグリップヒーター、ETC車載器が搭載されているなど、よりツーリング性能が高くなっています。

なので、NM4はビッグスクーターというよりかはクルーザーという位置付けが合っているかもしれません。

C650GT (BMW)

C650GTはツーリングにはもってこいのビッグスクーターになります。

積載量や運転姿勢、風防(スクリーン)による風よけなどツーリングしやすい設計になっています。

さらに、シートヒートやドラレコが装備されているので、快適&安全性はとても高いのではないでしょうか?

ビッグスクーターの場合

ビッグスクーターでオススメは主に以下の通りです。

・XMAX(ヤマハ)
・スカイウェイブ250(スズキ)
・FORZA(ホンダ)
・ADV150(ホンダ)
・トリシティ155(ヤマハ)
・PCX160(ホンダ)
・NMAX155(ヤマハ)

XMAX(ヤマハ)

XMAXはスポーティな乗り味が人気のあるバイクになります。

剛性感の高いフロントサスペンションが特徴的!

乗り心地はやや硬めになっていますが、ハンドリングが素直です。

理論上ではもっとも速い250ccビッグスクーターとなっています。

スカイウェイブ250(スズキ)

スズキのスカイウェイブ250はラグジュアリーな乗り心地があるバイクになります。

車体が大柄なのでツーリング派におすすめのビッグスクーターです!

現行車の250ccビッグスクーターは乗り心地が硬めな車種が多いので、スカイウェイブ250は貴重なバイクではないでしょうか?

FORZA(ホンダ)

新型のフォルツアはエアインテークやエアアウトレット、スタイリッシュなLEDの灯火類によってデザインが一掃されました!

また、搭載された新型エンジン「eSP+」によって、エンジン性能が250ccクラスの中ではトップクラスというのが魅力的!

メットインも48Lもあるので、日常の買い物からツーリングまで活躍してくれること間違いなしです!

ADV150(ホンダ)

ADV150は大型スクーターでも紹介したX-ADVの150ccクラスになります。

アドベンチャーなフォルムが特徴的なのですが、ADV150はズバ抜けて燃費が良いの特徴的!

なにより、ワンランク上のリアサスペンションを導入しているので、座り心地や走行性も文句なしです!

すでにカスタムされたかの様なビジュアルに惚れた方も多いのではないでしょうか?

トリシティ155(ヤマハ)

トリシティ155は前側二輪でありながら滑らかな操作感が楽しむことができるバイクです。

また、段差などを乗り越えた際の衝撃吸収力も高いので、一般的な二輪スクーターとは別格の乗り心地を味わうことができるのが魅力的!

見た目の印象通り、前側二輪なので安定感はもちろんのこと、長時間の運転でも疲れにくいです!

数少ない3輪バイクで、さらに国内ATとなるとトリシティのみ!

トリシティには他にも125ccと300ccがあるので、用途に合わせて乗ることができます。

PCX160(ホンダ)

PCXは街中で見かけるスクーターの中で一番多いと思います。

なぜならコスパに優れているため人気があります。

さらにスペックの高い高出力型リチウムイオンバッテリーで動くハイブリッド原付二種「PCX e:HEV」も発売されています。

欠点としてはメットイン容量は他車と比較すると小さめという点くらいです。

ですが、そこはトップケースを着ければいいかなと思います。

他にも125ccクラスや旧型になると150ccがありますが、排気量以外は大きな違いはないのでお好みで!

NMAX155(ヤマハ)

NMAXはTMAXをはじめとしたビッグスクーターであるMAXシリーズの中では最小のモデルとなります。

スポーティでスタイリッシュな125ccスクーターです!

車体サイズもコンパクトかつ車両重量が比較車種の中では最軽量ですので、取り回しも楽に行えるのが魅力的!

特徴としては低燃費かつパワフルな「BLUE CORE」エンジンを搭載しています。

また、2021年からはスマートフォン用専用アプリでメンテナンス情報やスマホをメーター代わりにすることができるといった面白い機能を搭載しています

まとめ

今回、大型スクーターとビッグスクーターのオススメを紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

ビッグスクーターは特に日常の足と趣味の両方で乗れるバイクです。

あなたの興味のあるビッグスクーターはなんですか?

コメントいただけると嬉しいです!

お待ちしています!

少しでも参考になってくれれば幸いです!

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

今回の記事はどうでしたか?

バイクは複数人いることで楽しいですが、一人でも十分に楽しめる乗り物でもあります。

かわばっちゃん公式メルマガでは、「一人の時間を大切する・非日常感・見る楽しさ」などを乗っている乗っていない関係なく、共有していければと思っています。

近々コミュニティを作り、より共有できる場をより広めながらバイク好き同士でよりバイクの楽しさを広めていきます!

ぜひ、ご登録お願いします!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事