[小型から大型まで]オススメ&人気のスーパースポーツはなに?
ヤフー

こんばんは、KawaBachan(かわばっちゃん)です。

スーパースポーツ系のバイクはかっこいいだけではなく、いかにもスピードがどのバイクよりも出そうな見た目をしていませんか?

仮面ライダーや映画にも出てきてバイクに興味を持ったり、好きになったりする方も多いのではないでしょうか?

私が乗っているs1000rrもこの系統に当てはまります。

ミッションポッシブルでトムクルーズが乗っているのを見て、乗り始めました!

この記事ではそんなスーパースポーツ系でオススメのバイクを小型から大型に分けて紹介していきます。

バイク選びなどの参考になってくれれば幸いです!

オススメのスーパースポーツ系バイクはこれ!

大型の場合

大型でオススメは主に以下の通りです。

・ZX-6R(カワサキ)
・VFR800F(ホンダ)
・CBR1000RR(ホンダ)
・YZF-R1(ヤマハ)
・GSX-R1000(スズキ)
・S1000RR(BMW)

ZX-6R(カワサキ)

ninjaシリーズもスーパースポーツでの名を挙げていますが、カワサキの本来のスーパースポーツとして名を挙げるのがZXシリーズ。

ZX-6Rはninja650と同じく600ccミドルクラスですが、パワーは段違いでninja1000に迫るパワーがあるのが魅力的!

重量は197kgで軽いので取り回し易いのが比較的簡単にできます。

ですが、「シート高は830mm」と女性や低身長の男性はローダウンカスタムを必要になる点は注意したいところ!

他にもパワーアップしたZX-10Rもあり、好みになるので一度乗り比べしてみてはいかがでしょうか?

VFR800F(ホンダ)

VFR800Fは「大人のスポーツバイク」として開発されました。

空力性能を追求したフルカウルや安定した走りに寄与するトラクションコントロールシステム(TCS)の採用など装備が充実しているのが魅力的!

エンジンはバイクの中ではVFR800Fだけ?のV4エンジンが搭載されていますのも魅力!

「市街地での扱いやすさ」と「ロングツーリングでの快適性」が向上されています。

ミドルクラスの中では少々重いので、人によって重く感じるかと思います。

CBR1000RR(ホンダ)

CBR1000RRはホンダのレーシングチームであるHRCのワークスレーサーのテクノロジーを注ぎ込んだレプリカマシンです!

レースでテクノロジーを発達させてきたメーカーであるホンダが誇るスーパースポーツなので、扱いづらいイメージを持つ人もいるかと思います。

しかし、MotoGPを彷彿とさせるスタイリングやスピード感をもちながら、比較的一般のライダーでも乗りやすいバイクに仕上がっているのが魅力的!

CBR1000RRだけではないですが、整備するのが少々面倒なのが欠点ではないでしょうか?

YZF-R1(ヤマハ)

YZF-R1は最高峰なのでスペックは言うまでもありません。

ただR1もシートが…「シート高は855mm」とR6よりも高いです。

なので、パワーは必然的にダウンしますが足つきが気になる方はYZF-R6の方がいいです。

スーパースポーツの走りの醍醐味を味わいたい方にオススメです!

GSX-R1000R(スズキ)

スズキらしいデザインは一貫していてるので、スズキファンは嬉しい点です。

また、「トップパフォーマー」をスローガンに掲げて開発されたバイクになります。

「走る・曲がる・止まる」を極限まで突き詰めたハイスピード、ハイパワーを誇っています。

さらに、ロングストロークのエンジンの影響もあって、比較的扱いやすい特性も魅力です!

現行モデルにはいませんが「GSX-R750」などGSX-Rシリーズがミドルクラスにあるので、ここまでのぶっ飛んだスペックはいらない方はミドルクラスを選択するのもアリですね!

S1000RR(BMW)

S1000RRはハイパワーエンジンを搭載するボディはスピード感あふれる見た目をしており、これまでのBMWとは異なる新たな魅力を放っています。

ABSやトラクションコントロールだけではなく、クラッチ操作不要のシフトアシストプロなど、ライダーの走りをサポートする機能も充実しているのが魅力的!

個人的にはスーパースポーツの割にはポジションは比較的楽な方なのかなと思っています。

400ccの場合

400ccでオススメは主に以下の通りです。

・ninja400(カワサキ)
・CBR400R(ホンダ)
・RC390(KTM)

ninja400(カワサキ)

ninja400はカワサキの代表的なNinjaシリーズになります。

250ccとはまったく違う専用フレームで250ccはまったり走るのに対して400ccはキビキビとした走行をすることができます。

大型Ninjaをベースとしているため剛性が高く、カスタム性も高いため男女共に人気のあるバイクになります。

無難なスポーツバイクに乗りたい方に向いているかと思います。

個人的には「プリウス≒Ninja400」かなと思っています。

CBR400R(ホンダ)

CBR1000RRの弟分として登場したバイクです。

最近モデルチェンジされデザインが一新されよりシャープでかっこいいモデルとなりました。

市街地でも快適に走行できるようチェンジペダルの操作加重が軽くなり操作フィーリングも快適になりました。

全域で扱いやすい並列2気筒エンジンで気持ちいいよく走ることができます。

RC390(KTM)

RC390は2022年にフルモデルチェンジし、見た目だけはなく、中身までも一新することになりました!

まだ詳しくはわかりませんが、レーシングユースをはじめとするスポーツライディング愛好家の期待に応え得るパフォーマンスパッケージでリリースされました。

中型では数少ないスーパースポーツではないでしょうか?

外車で中型のスーパースポーツに乗りたい方はぜひ乗ってみてはいかがでしょうか?

250ccの場合

250ccでオススメは主に以下の通りです。

・CBR250RR(ホンダ)
・YZF-R25(ヤマハ)
・GSX250R(スズキ)
・Ninja ZX-25R(カワサキ)
・RC250(KTM)

CBR250RR(ホンダ)

CBR250RRはホンダの人気スーパースポーツになります。

CBR250RRは一度生産が終了しましたが2017年に復活!

CBR250RRが再登場をしてからはCBR250シリーズでもっとも人気の高いバイクになりました。

CBR250RRは装備が充実しているのが特徴的で3種類のライディングモードがあったり、250cc初の電子エンジン制御の「スロットル・バイ・ワイヤシステム」を搭載しています。

「トータルコントロール~操る楽しみの最大化」といったコンセプトにとても合ったバイクになります。

YZF-R25(ヤマハ)

YZF-R25はヤマハYZFシリーズの250ccモデルになります。

水冷直列2気筒エンジンを搭載しR1譲りのスタイリッシュなデザインなので、一見乗りづらそうに見えるかもしれません。

ですが、実は足つきが良く、乗りやすいバイクになっています。

エンジン性能も中低速からしっかりとトルクのあるエンジンで街乗りでも快適かつ高回転でもしっかり走ってくれるので、ツーリングでも活躍できます。

もう少しパワーが欲しい方は同シリーズでR3があるので、そちらがオススメです!

ですが、300ccになるので、車検が必要になるので、注意してください!

GSX250R(スズキ)

スズキらしい見た目をしたGSX250Rは他のスーパースポーツバイクよりもパワーを持て余すことがないバイクになります。

なので、パワーが欲しい方はこのバイクは不向きかと思います。

バイク性能をフルで体感したい方におすすめです!

このバイクに乗ってしまうとスズ菌(スズキファン)にかかってしまうのではないでしょうか?w

Ninja ZX-25R(カワサキ)

Ninja ZX-25Rは250ccクラスでは初となる3段階調整のトラクションコントロール(KTRC)に2段階のパワーモード、アップ&ダウン対応のクイックシフターなど、随所にZX-10Rのテクノロジーや知見が生かされているのが特徴的!

なので、ZX-10Rの性能そのままに250ccに変えたような250ccにおいては豪華なバイクになります。

RC250(KTM)

RC250は他のバイクメーカーにはない見た目をしており、誰もが目を引くバイクではないでしょうか?

少しアクセスを捻るだけでグーンと加速するほどのトルクを持っているのが特徴的です!

ただ、単気筒でかつシートが硬めなので、高回転時などの際は体に伝わる振動が激しい傾向にあります。

125ccの場合

125ccでオススメは主に以下の通りです。

・RS4 125(アプリリア)
・GSX-R125(スズキ)
・RC125(KTM)

RS4 125(アプリリア)

RS4 125はイタリアのバイクメーカーアプリリアが販売しているバイクです。

MotoGPの250ccクラス、125ccクラスで圧倒的な強さを誇り125ccとは思えない走りをしています。

周りと被らない125ccバイクを探している方は断然このバイクではないでしょうか?

唯一心配なのは故障した際部品の注文、到着に若干時間がかかるという点くらいではないでしょうか?

GSX-R125(スズキ)

GSX-R125はクラスの中でも数少ない本格スーパースポーツです。

このクラスでは貴重な前後17インチホイール装着のフルサイズスポーツとして人気があります。

125ccモデルとして改めて設計されている車体はコンパクトでスリムです!

足着き性が良くて押し歩きも軽いので、ビギナーや小柄なライダーでも不安なく扱えるのが特徴的!

RC125(KTM)

RC125は125ccクラスの中でGSX-R125を除けば、125cクラスでのスーパースポーツモデルはとても希少な存在です。

性能的には物足りない部分があるかと思いますが、初心者から上級者までライディング技術を磨くのに最適なバイクではないでしょうか?

上級者、中級者が乗ればその性能をしっかり引き出してスポーツライディングを楽しむことができ、初心者が乗れば恐怖心を感じずにどんどん上達できるバイクといえます!

まとめ

今回、小型から大型までのオススメのスーパースポーツ系バイクについて紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

スーパースポーツでしかない楽しみがあります。

興味のあるバイクもしくは好きなスポーツ系バイクはありますか?

コメントいただけると嬉しいです!

お待ちしています!

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

今回の記事はどうでしたか?

バイクは複数人いることで楽しいですが、一人でも十分に楽しめる乗り物でもあります。

かわばっちゃん公式メルマガでは、「一人の時間を大切する・非日常感・見る楽しさ」などを乗っている乗っていない関係なく、共有していければと思っています。

近々コミュニティを作り、より共有できる場をより広めながらバイク好き同士でよりバイクの楽しさを広めていきます!

ぜひ、ご登録お願いします!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事