バイクってどんな種類があるの?自分が乗りたいバイクを見つけよう!
ヤフー

こんばんは、KawaBachan(かわばっちゃん)です!

まず、バイクの免許を取得した方はおめでとうございます!

バイクの免許を取得したらあとはもう楽しいバイクライフが待っています!

免許取得後にまず楽しい悩みが待っています。

それは「どのバイクに乗るか?」ではないでしょうか?

取得前から乗りたいバイクが決まっている方が多いと思います。

ですが、決めかねている方もいるのもいます。

決めかねている方の多くがバイクは種類や形が豊富で、何を選べばいいかわからないことが多いです。

この記事ではバイクの種類とそれぞれの特徴について紹介していきます!

バイクの種類ってどんな種類がある?

バイクには主に「オンロード」「オフロード」「スクーター」の3種に分かれます。

それからさらに以下のように細分化されていきます。

オンロード系

・ネイキッドタイプ
・スポーツバイク
・ストリートファイター
・アメリカンバイク(クルーザー)
・クラシック
・ツアラー

オフロード系
・アドベンチャー
・トレール
・スーパーモータード
スクーター
・ビッグスクーター
・125ccスクーター
・原付
その他
・ミニバイク

各タイプの特徴

オンロード系タイプの場合

ネイキッドタイプ

ネイキッドバイクは教習所でも活用されている標準的なタイプです。

車でいう所のセダン的な位置付けとなっています。

スポーツバイク程早くはないけど、普段使いでもツーリングでも使えるオールラウンダーなバイクです。

ネイキッドは「裸」「むき出し」という意味があります。

なので、ネイキッドの見分け方としてはエンジン部分を覆う外装(カウル)が付いていないバイクがネイキッドタイプになります。

特徴としては上体が起きたライディングポジションで疲れにくいです。

「日常生活の足」「趣味として乗る」の両方で乗りたい!という方にオススメのタイプです。

ネイキッドタイプの特徴

・上体が起きたライディングポジションなので疲れにくい

・街乗りからツーリングまで、どんな用途でも使える万能性

・カウルがないので、前からの風の影響を受けやすい

スポーツバイク

スポーツバイクはスポーツ性能に特化したタイプになります。

カウルが車体全体を覆ったデザインが特徴的で、レースシーンなどからフィードバックされています。

また、最先端の技術も投入されているバイクが多く、高い運動性能を持っています。

ライディングポジションは前傾姿勢になり、アグレッシブでスポーティーな走りが楽しむことができます。

ですが、前傾姿勢なので、ツーリングの際は疲れやすいです。

スポーツバイクは「スピード感を味わいたい!」という人にオススメのタイプです!

スポーツバイクの特徴

・ライディングポジションが前傾気味なので、スポーツ走行しやすい

・加速が速く、コーナリング性能も高い

・カウリングが装備されているため、前からの風の影響を受けにくく、疲れにくい

・上位の高性能モデルは前傾がきつく、長時間のライディングには向かない

ストリートファイター

ストリートファイターは「ネイキッドタイプ」と「スポーツタイプ」の中間に位置しています。

変わった形の異形ヘッドライトとシャープなデザインが特徴的なタイプです。

従来のネイキッドにはない、刺激的なデザインとスピード感を求める人にオススメのタイプです!

ストリートファイターの特徴
・変わった形の異形ヘッドライトとシャープなデザイン

・スポーツ走行から街乗りまで幅広く乗れる
・カウルがないので、前からの風の影響を受けやすい

アメリカンバイク(クルーザー)

アメリカの果てしない直線道路を長時間ゆったり走ることを目的に作られたタイプになります。

アメリカンバイクと言われる場合とクルーザーと言われる場合がありますが、意味は一緒です。

日本ではアメリカンという名が主流ですが、海外ではクルーザーという名が主流になります。

このタイプはクネクネカーブには不向きで、車体が大きく重いタイプです。

重心が低く足つきがいよいので女性にも人気のあるタイプでもあります。

アメリカン(クルーザー)の特徴

・ハンドル位置がゆったりしていて、ライディングポジションがラク

・シートが低いので、小柄な男性や女性も運転しやすい

・バンク角が浅いため、カーブは苦手

・カウルがないので、前からの風の影響を受けやすい

クラシック

クラシックの定義としては最初のネイキッドと重なる部分がありますが、バイクの原点を感じるクラシカルなデザインを取り入れたタイプです。

速さやスポーツ性能よりも、味わいを重視したバイクのことを「クラシック」と呼ばれています。

オーソドックスで伝統的なスタイルで根強い人気を誇っています。

スポーツ走行やスピード感を楽しむというよりもトコトコとゆったりとした走りを求める人にオススメのタイプです。

クラシックの特徴

・クラシカルで落ち着いた品のあるデザインや色合い

・街乗りからツーリングまで、どんな用途でも使える万能性

・カウルがないので、前からの風の影響を受けやすい

ツアラー

ツアラータイプは「長距離+高速走行」に特化したタイプになります。

走行風をいなしてくれる大きなウインドスクリーンやボディ形状、ゆったりと座れる快適なシートが特徴となります。

スポーツバイクの様な見た目ですが、長距離走行の快適性を足したようなタイプでもあります。

ツーリングで日本中を旅したり、長距離移動したい人にオススメのタイプです。

ツアラーの特徴

・前からの風を防いでくれるカウリングは大きめなものが装備されていて、疲れにくい

・排気量の大きいモデルが多い

・アクセサリーソケット電源やグリップヒーターなど、快適装備が充実している反面、車両が重くなる

オフロード系タイプの特徴

アドベンチャー

アドベンチャーはオフロード系のツアラーバイクになります。

旅や冒険をテーマにしたバイクで、旅先のちょっとした林道や砂利道でも快適に走る事が出来ます。

今ブームになっているキャンプなどのアウトドアとも相性の良いバイクです。

ストロークの長いサスペンションにセミブロックタイヤを履き、立って乗るスタンディングポジションも想定されたタイプになっています。

なので、オフロードバイクに近い部分がありますが、走行風を軽減する大型ウインドスクリーンや大きなパニアケースを装備できるなど、ツアラーのような快適性も同時に持ち合わせている特徴があります。

アドベンチャーの特徴

・車体が軽量でスリムで、車体との一体感がある

・ハンドルが切りやすく、小回りがきくのでUターンなどもしやすい

・前からの風の影響を受けやすく、少し高速道路には向かない

トレール

オフロードタイプの代表的なタイプになります。

トレールはオフロードモデルの中でも、特に林道や荒れた道など普通のオンロードモデルでは入っていけないような道も走れるタイプです。

林道などを特に走りたい方にオススメのタイプです。

トレールの特徴

・オンロードも走れるし、オフロードも快適に走れる

・車体が軽いため取り回しが簡単で、転倒させても起こすことも簡単にできる

・車高が高いだけではなく、カウルがないので前からの風の影響を受けやすい

・高速道路で長距離を走るのには向かない

スーパーモータード

スーパーモタードは、軽量で小回りがきくオフロードの車体に、オンロード用のタイヤが組み合わせられたタイプになります。

オフロードとオンロードとをミックスしたような外観が特徴的です。

スーパーモタードは、オフロード車なので車体が軽く、ハンドルの切れ角が大きいため取り回しがしやすいです。

その特徴をオンロードでも発揮できるのでオンオフ共に楽しみたい方にオススメのタイプです。

スーパーモータードの特徴

・車体が軽量でスリムなので、車体との一体感がある

・ハンドルが切りやすく、小回りがきき、Uターンなどもしやすい

・前からの風の影響を受けやすく、トレールほどではないが高速道路には向かない

スクーター系の特徴

ビッグスクーター

ビッグスクーターは排気量が126cc以上のスクーターを指します。

排気量の大きいモデルは高速道路を走行するのに十分なパワーがあり、ツーリングに利用する人が増えています。

ビッグスクーターの特徴

・シートの下に収納スペースがあるので、荷物が多い時に便利

・二人乗りをするときに、後部座席の同乗者が快適

・排気量の小さいモデルは街乗りでも小回りがきき、排気量の大きいモデルは高速道路でも快適

・ライディングポジションが楽なので、長距離移動でも疲れない

125ccスクーター

125ccスクーターは「125スクーター」「原付2種スクーター」と呼ばれ、街乗りやセカンドバイクとして絶大な人気のあるタイプです。

車体サイズは50ccの原付スクーターとあまり変わらずコンパクトなため、取り回しがとても楽で、二人乗りをすることもできます。

最近は125ccスクーターの性能も上がってきているので、ツーリングとしても活用する方が増えています。

125ccスクーターの特徴

・法定最高速度はクルマと同じ60km/hで、交差点では二段階右折不要

・二人乗りが可能

・車体が軽く、取り回しが楽

原付スクーター

原付は、クルマの免許をもっていればバイク免許をもっていなくても乗れるタイプになります。

もし、クルマの免許がなくても、原付免許は筆記試験と講習だけで取得できるので、気軽に乗り始めることができるバイクです。

原付スクーターの特徴

・クルマの免許を持っていれば乗れるので、初期費用が圧倒的に安い

・車両価格が、ほかのバイクと比べると安い

・車体が軽いので、取り回しが楽

ミニバイク

ミニバイクは小さな車体ながらも機能性や走りは本格的なバイクに引けを取らないほどの高性能を備えているバイクが多いです。

ビギナーからベテランまで人気が高いタイプになります。

リーズナブルでコストパフォーマンスに優れているほか、趣味性の高いバイクも多く、自分好みにカスタマイズして楽しむ方にオススメです。

ミニバイクの特徴
・カスタムを楽しむことができる

・趣味性の高いバイク

まとめ

今回、バイクの種類とそれぞれの特徴について紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

何に乗るか決めかねている方はぜひ参考にしていただければ幸いです!

どのジャンルに興味があるもしくは好きですか?

ぜひ、コメントしていただけると嬉しいです!

お待ちしています!

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村

今回の記事はどうでしたか?

バイクは複数人いることで楽しいですが、一人でも十分に楽しめる乗り物でもあります。

かわばっちゃん公式メルマガでは、「一人の時間を大切する・非日常感・見る楽しさ」などを乗っている乗っていない関係なく、共有していければと思っています。

近々コミュニティを作り、より共有できる場をより広めながらバイク好き同士でよりバイクの楽しさを広めていきます!

ぜひ、ご登録お願いします!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事