【衝撃】1年点検にかかる費用や期間は?1年点検ってする必要がある?

こんばんは、かわばっちゃんです!

バイクに乗るうえで忘れてはいけないのが法定点検である1年点検です。

車検のない250cc以下のバイクは特に必要性が高い点検です。

2年に1度車検に出している250cc超の中型~大型バイクでも、

日ごろメンテナンスしていないという方は1年点検をバイクショップへ依頼することをオススメします。

この記事では法定点検である1年点検にかかる費用やかかる時間などについて紹介します。

スポンサーリンク

1年点検ってなに?

1年点検法定点検は車両の安全性確保や公害防止を図るために必要最小限度の点検項目を国が定めています。

 

車両の使用者にそれらを点検・整備することを義務づけています。

車検の場合には違反者に対して重い罰則があるので、検査を受けずに乗る人はいませんよね。

しかし、1年点検については点検を受けていなくても特に罰則がありません

なので、点検をしていない人もいるようです。

 

車検のない原付や250cc以下のバイクの場合こうした法定点検をしていない方が多いです。

しかし、1年点検はバイクの健康診断です。

健康診断で特に異常がなければ安心して生活できますし、異常が早期発見できればそれだけ早く治療も出来て回復も早く経済的にも大きな影響を与えずに済みます。

バイクもそれと同じで定期的に点検をすることで未然に不具合を発見して大きなトラブルを回避することが出来ます

なので、しっかり1年点検を受けることをオススメします

スポンサーリンク

1年点検と車検の違い

1年点検と車検の違い

法定点検と車検は似ている印象を受けますが、内容と目的は全く違います

法定点検は車が故障なく快適に走れるかどうか確認するものです。

車検は車が保安基準に合っているかを検査するための制度で点検ではありません。

なので、安全かつ快適に車を走らせるためには車検だけでは不十分であり、バイクが本来持つ快適な走行性能を維持するためにも法定点検や日常の点検が大切になってきます

⬇️車検との違いはこちら⬇️

    1年点検にかかる費用

    費用

    1年点検にかかる費用はバイクの排気量やボディ(カウルの有無)を基準とされています。

    ですが、バイクショップによって料金は異なります。

    以下の料金は平均的な費用になります。

    ・原付(125cc以下):5,500円~9,000円

    ・小型(125cc超250cc以下):8,000円~14,000円

    ・中型(250cc超400cc以下)の場合:
    9,500円~15,000円

    ・大型(400cc超)の場合:
    11,000円~20,000円

    ここから交換が必要なパーツがあるとパーツ費用も加算されます。

    参考まにで大手2りんかんの料金は以下になります。

    1年点検でかかる時間

    かかる時間

    1年点検となるとその点検項目の多さから早く終わらせることはできません。

    一般的に1年点検になると早くて2~3時間、通常は半日から丸一日かかります。

    このため早めに予約してお願いしておけば、代車を用意してくれる業者もあります。

    せっかくの機会ですので、じっくりと時間をかけてきちんと点検してもらいましょう。

     

    1年点検を受ける時期はとくに決められた期限はありません

    ですが、新車として購入して1年後または車検を受けてから1年後が期限ではないでしょうか。

    ディーラーや自動車整備工場などの業者から1年点検を知らせるハガキが送られてきます。

    そこにも12ヶ月後が期限のように書かれていることが多いです。

    1年点検の項目内容

    点検項目

    1年点検では安全な運転・走行のために、各パーツや装置を点検します。

    項目数は30~40項目が一般的です。

    主な点検内容は以下のとおりになります。

    オイル・液体類ブレーキ液・クラッチ液・冷却水・バッテリー液・エンジンオイル・トランスミッションオイル
    摩耗類ワイヤ類・クラッチ板・ブレーキシュー・ブレーキパッド・タイヤetc
    ゴム類クラッチホース・マスタシリンダカップ・ブレーキホース・燃料ホース・キャリバーシール・冷却ホースetc

    点検した部品に異常や故障があった場合、交換修理をする必要があります。

    なので当然部品交換や修理代金も加算されます。
    その分費用もかかってきます。

     

    費用請求時にトラブルにならないように修理交換の必要がある場合、あらかじめショップから連絡を貰うなどして事前に大まかな費用を確認しておくことをオススメします

    バイクの知識のある人は自分で点検をする方法もあります。

     

    ですが、不良個所を見落としてしまう可能性もあります。

    なので、出来れば確実に点検をしてもらえるバイクショップやディーラーで点検してもらうことをオススメします。

    少しでも費用を抑えるためには?

    抑える方法少しでも費用を抑える方法は以下の2つになります。

    ・オイル交換などの簡単なメンテナンスを自分で行ったり、あらかじめインターネットで安いパーツを購入しておくなどの方法があります。

    ・最寄りの個人でやっている整備工場などに頼む方法もあります。

    1つ目はオイル交換などの簡単なメンテナンスを自分で行ったりあらかじめインターネットで安いパーツを購入しておくなどの方法があります。

    ただし、バイクショップによってはパーツの持ち込みを不可としているお店もあります。

    その点は注意してください!

    なお、修理箇所が多く点検費用が高額になってしまう場合、いくつかのバイクショップで見積もり依頼を出して料金比較をするのもオススメです。

     

    2つ目は最寄りの個人でやっている整備工場などに頼む方法もあります。

    1年点検は絶対ディーラーで点検する必要があるわけではありません。

    要は異常がないか確認してもらう作業なので、車の整備をしている個人経営の所にお願いするということになります。

    他にも以下のような方法もあります。

    まとめ

    1年点検今回、1年点検について紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

     

    1年点検をしたからと言って、確実に不具合が改善されたとは限りません。

    あくまで点検時点でのチェックになります。

    ですので日頃の日常点検も欠かさないように心がけてください

     

    最近の自動車は性能も良くなり、故障を起こすことは少なくなっています。

    ただ昔の自動車より緻密に作られているため、トラブルが起きた場合に素人が簡単に手を出せないのもまた事実。

    トラブルや故障を未然に防いで愛車に長く乗っていくためにはやはり1年点検は必要不可欠なものです。

    安心でライブができるように、ぜひ1年点検を受けるか自分で点検してみてください!

     

    少しでも役に立ってくれれば幸いです!

    良かったと思った人は、ぜひコメントくださいね!

    死ぬほど喜びます!

    コメントを残す

    メルマガ登録限定で特典をプレゼント!

    バイクを楽しむにも今のお小遣いでは厳しい…

    余裕を持って、バイクを楽しみたいといった人などにバイクをより楽しむための方法を配信しています!

    読者さん限定で特典としてバイクをより楽しむ方法についてマインドマップにまとめたマインドマップをプレゼントしています!

    ぜひ登録して一緒にバイクを楽しみましょうね!

    Twitterでフォローしよう

    おすすめの記事